長寿祝いTOP

長寿祝いとは

長寿を祝う節目の年齢には、還暦や古希、喜寿などの名称があります。本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝うことが多くなってきています。ただし、還暦だけは数え年で61歳、満年齢60歳でお祝いします。

<主な節目の名称>
還暦[61歳(満60歳)]、古希[70歳]、喜寿[77歳]、傘寿[80歳]、米寿[88歳]、卒寿[90歳]、白寿[99歳]、紀寿または百寿[100歳]、茶寿[108歳]、皇寿[111歳]、大還暦[120歳]

知識・マナー

長寿祝いに特に決まった祝い方はありませんが、ご家族やご親戚がお祝いの会を開くのが一般的です。

選び方のポイント

人生の区切りとなるお祝いなので、食事券などを贈るのもおすすめです。お祝いする方の好みのものを選ぶようにしましょう。贈り物に迷った場合は相手に欲しいものを尋ねても良いです。また、縁起が悪いとされる「9・4」を連想させるものや、「お茶」は「弔事」に使われることから、避けた方がよいとされています。

のし

のしは「紅白蝶結び」をご選択ください。

のしの表には「内祝」「寿」「還暦内祝」という言葉を入れましょう。

贈る時期・金額

お祝いの日は誕生日の他、敬老の日などの祝日でもよいでしょう。贈り物は前日には届くようにします。

金額の相場は、贈る相手が両親の場合は2~3万円、祖父母の場合は1~2万円、親戚などの場合は1万円前後、それ以外の場合は数千円程度とされています。少し高価なプレゼントを贈りたい場合は、家族や兄弟などと共同購入するのがよいでしょう。

長寿祝い おすすめギフト

こちらの商品は全て熨斗・包装・紙袋対応可能です。

長寿祝い 定番ギフト

その他のギフトはこちら

下鴨茶寮ギフト