1. オンラインショップホーム
  2. ギフトページ-お香典返し

 お香典返しTOP

お香典返し

香典返しとは、葬儀や告別式にて香典をいただいた方へ、「無事に法要が終わりました」という報告を兼ねたお礼としてお送りする品物のことを言います。法要に参列いただいた方には、当日会食の終わった後に、感謝の気持ちを込めて引出物(粗供養)をお渡しします。

知識・マナー

お香典返し物を持参するときには、そのまま持ってくるのではなく、必ずのし紙で包装しましょう。お香典返し物を渡す際、いきなり仏壇などに供えるのはマナー違反です。 まずは施主に渡すようにしましょう。施主とは、資金を出してその法事を運営する人のことで、遺族の代表者と考えれば良いでしょう。 渡す際には、「御仏前にお香典返ししてください」など一言声をかけると丁寧です。

選び方のポイント

「即日返し」と言って、告別式の後に、香典の金額にかかわらず一律の金額の品物をお返しするケースも増えてきたこともあり、特に高額の香典をいただいた場合以外は、全員に同じ品物をお返しすることも多いようです。香典返しの品物はすぐに使ってなくなるものを選び、肉・魚・お酒は避けるというのが古くからの慣習です。

のし

のしは、一度きりで繰り返したくないという意味で、「白黒結び切り」にします。表書きは宗教を問わない「志」が一般的で、水引の下には喪家の姓を書きます。関西〜西日本では「紅白の結び切り」に表書きを「満中陰志」「忌明」とする場合もあります。キリスト教式・神式では表書きを「偲び草」とする場合もあります。

贈る時期・金額

香典返しは「忌明け」の法要後1ヶ月以内を目処に行います。しかし、「忌明け」の時期は宗教によって異なりますので、注意が必要です。

香典返しの金額は、香典の3分の1から半分程度が一般的です。親族や身内が高額のお香典を包むときは扶助の気持ちである場合が多いので、お返しの金額にこだわる必要はありません。高額な香典をいただいた場合は3分の1から4分の1程度をお返しするとよいでしょう。

お香典返し おすすめギフト

こちらの商品は全て熨斗・包装・紙袋対応可能です。

お香典返し 定番ギフト

その他のギフトはこちら

下鴨茶寮ギフト