お供えTOP

お供え

法事に出席する際、お供え物は必ずしも必須ではありません。 供物を用意する必要があるかどうかは地域や慣習によっても異なるため、 法事に出席する際には事前に周りの親族や遺族に確認しましょう。また、四十九日の法要に参列する場合、香典以外にもお供えの品物を持参することが多いようです。

知識・マナー

お供え物を持参するときには、そのまま持ってくるのではなく、必ずのし紙で包装しましょう。お供え物を渡す際、いきなり仏壇などに供えるのはマナー違反です。 まずは施主に渡すようにしましょう。施主とは、資金を出してその法事を運営する人のことで、遺族の代表者と考えれば良いでしょう。 渡す際には、「御仏前にお供えしてください」など一言声をかけると丁寧です。

選び方のポイント

お供え物を持参する場合、一般的には食べ物がよく用いられます。お供えは持ち運ぶものであるため、かさばらないものが良いとされています。また、大人数に配る場合もあるため小分けに包装されたものや、食べ物であれば日持ちの長い「料亭のご馳走二撰(昆布ふりかけ・葉山椒茶漬)」「きんぴらまぐろ木箱」などがオススメです。

のし

のしは「結び切り(白黒)」または「結び切り(黄白)」をお選びください。表書きは「御供」や「粗供養」などとし、下段に自分の名前を記します。

贈る時期・金額

四十九日のお供え物の金額は2,000~5,000円が相場と言われています。不安な場合は、周囲に確認するのもいいでしょう。四十九日の法要は盛大にする必要はありません。

お供え おすすめギフト

こちらの商品は全て熨斗・包装・紙袋対応可能です。

お供え 定番ギフト

その他のギフトはこちら

下鴨茶寮ギフト